自動でサイトをバックアップするプラグイン「BackWPup」の設定と使い方

サイトは財産。なにかのトラブルで失うようなことがあれば、あなたは絶望の淵に沈み「ブロガー」という立場を捨ててしまうかもしれません。

そうならないように、ブログは必ずバックアップを取りましょう!

今回は自動でバックアップを取ってくれるプラグイン「BackWPup」の設定と使い方を解説します。少し複雑なプラグインですが、極力分かりやすく解説していきますね。

プラグインはテーマや他のプラグイン・WordPressのバージョン次第では、正常に動作しないことがあります。安全なプラグインのみを紹介しておりますが、導入される際は自己責任でお願いします。

目次

BackWPupとは

BackWPupとは、サイトのバックアップを取ってくれるWordPressプラグインです。

自動でバックアップしてくれる機能があるため、”ほぼ管理不要”というのが魅力となっています。

WordPressの仕組みとバックアップ

バックアップはサイトを守る上で非常に大切なことです。ですので、”何を”バックアップしているのか、といった仕組みを簡単にでも理解しておきましょう。

BackWPupとWordPressの仕組み

Webページには「静的ページ」と「動的ページ」の2種類があります。
静的ページは何度訪問しても変わらないページ、動的ページは訪問する度に姿を変えるページです。

通常のページはHTMLファイルで構築された「静的ページ」を使用しています。バックアップもファイルを保管しておくだけなので簡単です。

しかし、WordPressはデータベースで構築される「動的ページ」を使用しています。ページ下の関連記事などが都度変わるのも、動的ページだからこそです。

つまり、WordPressサイトはファイルだけでなくデータベースのバックアップも必須ということになります。

  • ファイル:画像や動画などのメディア、テーマ、プラグインなど
  • データベース:各ページ、カテゴリー、サイトのメタデータなど

BackWPupの機能

BackWPupなら、以下の機能をWordPressの管理画面で実現することができます。

  • ファイルやデータベースのバックアップ
  • 設定したスケジュールで自動でバックアップ
  • 手動で好きな時にバックアップ
  • バックアップしたファイルをサーバーやDropboxに保存する
  • バックアップしたファイルをダウンロードする

BackWPupは、WordPress本体のファイルも一緒にバックアップしてくれます。そのため、バックアップファイルをサーバーにアップロードするだけで、WordPressもそのまま復旧することができるのです。

復旧の際にWordPressをインストールしたり再設定する必要がないのは、かなり大きなメリットだと思います。

レンタルサーバーとプラグインの併用が大事

大手有名レンタルサーバーであれば、バックアップサービスが付いていることがほとんど。プラグインほど自由度がないにせよ、機能としては十分です。

しかし、レンタルサーバーだけに頼るのも少しリスキーです。データ消失事故が100%起こらないとは限りません。また、レンタルサーバーのバックアップは保有期間が短いのもネックです。
※詳しくは「ファーストサーバー事件」で検索

レンタルサーバーとプラグインの両方でバックアップを取って、どんなトラブルにも対応できるようにしておきましょう。

BackWPupの導入・初期設定

それではプラグインを導入していきましょう。導入から初期設定までを以下の手順で行います。

  1. プラグインのインストール
  2. ファイルの自動バックアップを設定
  3. データベースの自動バックアップを設定

STEP1.インストールと有効化

サイドバーの「プラグイン」>「新規追加」へ移動し、”BackWPup”で検索。見つけたらインストールと有効化を行います。

BackWPupのインストール

引き続き、定期的に自動でバックアップを取るように設定しましょう。

STEP2.ファイルの自動バックアップを設定

WordPressは「ファイル」と「データベース」両方のバックアップを取る必要があります。まずはファイルの自動バックアップを設定していきましょう。

バックアップのジョブを作るために、「BackWPup」から「新規ジョブを追加」を選択します。
※ジョブ:バックアップの対象やスケジュールの設定

BackWPupの「新規ジョブを追加」

一般設定

まずは「一般設定」のタブから設定していきましょう。

BackWPupのファイルの自動バックアップの一般設定
このジョブの名前ファイルのバックアップであることが分かる名前に設定
このジョブは…「ファイルのバックアップ」にチェックを入れる
アーカイブ名デフォルトのまま
アーカイブ形式使いやすいファイル形式を選択
WindowsならZip、MacやLinuxならZipもしくはTar GZip

続いて下半分の設定です。

BackWPupのファイルの自動バックアップの一般設定2
バックアップファイルの保存方法「フォルダーへバックアップ」にチェックを入れる
これでサーバー上の指定フォルダへ保存されるようになる
ログの送信先メールアドレスデフォルトのまま
メールの送信元デフォルトのまま
エラーエラーが発生した際にメールを送るかどうかの設定
チェックを入れましょう

「バックアップファイルの保存方法」について、今回は管理が楽なサーバー上への保存がしたいので、「フォルダー」を選択します。

「一般設定」については以上です。
変更を保存をクリックしなくてもタブを変えると自動で保存されます。

スケジュール

続いて「スケジュール」でバックアップを取る曜日やスパンを設定していきます。

BackWPupのファイルのバックアップのスケジュール設定
ジョブの開始方法「WordPressのcron」を選択
スケジュールに沿って自動バックアップされるようになる
スケジューラーの種類デフォルトの「基本」のまま
スケジューラーバックアップの頻度
「毎週」のアクセスが少ない時間帯がベスト
※cron:カレンダーに沿ってプログラムを自動実行するシステム

スケジューラーについてはお好みで設定可能ですが、できれば週に一度ぐらいはバックアップを取るのが良いかと思います。

ファイル

「ファイル」の項目ではバックアップ対象から除外したいファイルなどを設定できます。

下手に弄って必要なファイルが除外されてもいけないので、このページは全てデフォルトのままで大丈夫です(解説が面倒なわけではない)。

ちなみに、デフォルトでは当プラグイン「BackWPup」とアップグレードファイルが除外対象となっています。

宛先:フォルダー

バックアップしたファイルの保存先を設定することができます。

BackWPupのファイルのバックアップファイルの保存先
・バックアップを格納するフォルダー

ここで指定した場所にバックアップファイルが保存されます。データベースと分けるためにも”file”という名称を入れると良いでしょう。

相対パスの場合はwp-contentの階下に保存されます。
入力例:uploads/Backup/file-backup
保存先:/home/◯◯.com/public_html/wp-content/uploads/Backup/file-backup

・ファイルを削除

サーバーに保持しておくファイルの数を指定できます。ここでは週に一度のバックアップにしているので、約2ヵ月分の8個に設定しています。

設定したら変更を保存をクリック。
次はデータベース用のジョブを作成していきます。

STEP3.データベースの自動バックアップを設定

次はデータベースの自動バックアップの設定をしていきましょう。

サイドバーの「BackWPup」から「新規ジョブを追加」をクリックして、先ほどと同じ流れでもうデータベース用のジョブを作成していきます。

一般設定

BackWPupのデータベースの自動バックアップの一般設定

「このジョブは…」以外はファイルのバックアップの時と同じ流れです。

このジョブの名前データベースのバックアップであることが分かる名前に設定
このジョブは…「データベースのバックアップ」と「インストール済みプラグイン一覧」にチェックを入れる
アーカイブ名デフォルトのまま
アーカイブ形式使いやすいファイル形式を選択
WindowsならZip、MacやLinuxならZipもしくはTar GZip

後半に関してはファイルのバックアップと全く同じで大丈夫です。

BackWPupのファイルの自動バックアップの一般設定2
バックアップファイルの保存方法「フォルダーへバックアップ」にチェック
これでサーバー上の指定フォルダへ保存される
ログの送信先メールアドレスデフォルトのまま
メールの送信元デフォルトのまま
エラーエラーが発生した際にメールを送るかどうか
チェックを入れておきましょう

スケジュール

BackWPupのデータベースのバックアップのスケジュール設定

データベースは比較的サイズが小さくサーバーへの負荷も少ないので、毎日バックアップを取りましょう。

ジョブの開始方法「WordPressのcron」を選択
スケジューラーの種類「基本」を選択
スケジューラー「毎日」のアクセスが少ない時間帯を選択

DBバックアップ

バックアップを取るファイル(テーブル)などを設定します。

BackWPupのデータベースの自動バックアップの「DBバックアップ」の設定
バックアップするテーブル全て選択(デフォルト)
バックアップファイル名デフォルトのまま
バックアップファイルの圧縮Gzipを選択
ファイル容量を抑えることができます

ここは「バックアップファイルの圧縮」をGZipに変更するだけ。それ以外はノータッチです。

プラグイン

プラグインではなく「プラグイン一覧」というテキストファイルの設定です。
※プラグイン一覧:どのプラグインがインストールされているかが記入されている

BackWPupのデータベースの自動バックアップのプラグイン設定

「プラグイン一覧」のサイズはせいぜい数KBなので、GZipによる圧縮は必要ないかもしれません。お好みで選択してください。

宛先:フォルダー

BackWPupのデータベース自動バックアップの保存場所
・バックアップを格納するフォルダー

ファイルのバックアップと分けるために、フォルダに”database”や”db”といったフレーズを入れるのがおすすめです。

入力例:uploads/Backup/database-backup
保存先:/home/◯◯.com/public_html/wp-content/uploads/Backup/database-backup/

・ファイルを削除

気持ち多めに設定しておきましょう。ここでは約2週間分の15個を保持する設定にしています。

最後に変更を保存をクリックして初期設定は完了。これでサイトが自動的にバックアップされるようになります。

BackWPupの使い方

ここからは手動でバックアップする方法と、バックアップファイルのダウンロードについて解説します。

手動バックアップの方法

テーマの変更やプラグインの導入など、早急にバックアップを取りたい時は、以下の手順に従って手動でバックアップを取りましょう。

STEP
ジョブの一覧ページへ移動する

サイドバーの「BackWPup」より「ジョブ」を選択し、ジョブ一覧のページへ移動します。

BackWPupのジョブ一覧へのボタン
STEP
実行したいジョブを選択

先ほど作成したジョブがあるので、バックアップを取りたい方を選択して「今すぐ実行」をクリックします。

BackWPupの手動バックアップ
STEP
バックアップ完了

進捗を表すプログレスバーが100%になったらバックアップ完了です。

BackWPupのバックアップ完了画面

ファイルのバックアップも取りたい場合は、同じ手順でジョブを実行しましょう。

バックアップしたファイルをダウンロードする方法

サイトを復元するにはバックアップファイルが必要になります。いざという時のためにバックアップファイルのダウンロード手順を覚えておきましょう。

STEP
「バックアップ」へ移動

サイドバーの「BackWPup」から「バックアップ」を選択します。

BackWPupのバックアップファイルのダウンロードページへのボタン
STEP
フォルダーを選択

ページ上部のプルダウンでフォルダーを選択します(ファイルとデータベースの保存先を分けている場合のみ)。

バックアップするファイルの保存先フォルダーを選択
STEP
ファイルを選んでダウンロード

最後にダウンロードしたいファイルを選んで「ダウンロード」をクリックします。

BackWPupのバックアップファイルのダウンロード画面

もちろん、サーバーのファイルマネージャーやFTPソフト経由でダウンロードすることも可能です。WordPressが動かなくなった場合も安心ですね。

Xサーバーのファイルマネージャーでバックアップファイルを確認
画像はエックスサーバーのファイルマネージャー

最悪の事態に備え、月一程度でPCや外付けHDDなどにも移しておきましょう。

まとめ

バックアップの取れるBackWPupは必須プラグインの一つです。自分でサイトを持つ以上はサイトを守るのも自分。あらゆるリスクに備えておきましょう。

当ブログでは他にも”絶対に必要なプラグイン“を紹介しています。自分のブログに足りないものがないか、ぜひ確認してみてください。

目次
目次
閉じる