リンク切れを検知するプラグイン「Broken Link Checker」の設定と使い方

Broken Link Checkerとは
  • 自動でリンクを確認してリンク切れを教えてくれるプラグイン
  • 初期設定だけすれば放置でOK
  • リンクの修正もプラグインから簡単にできる

リンク先のURLを間違えている、リンク先のページが閉鎖された。これらが原因で起きるリンク切れはSEOにマイナス効果をもたらします。

しかし、自分の貼った発リンクを全て手動で確認するのは手間がかかりますよね。そこで、リンク切れを自動チェックしてくれるプラグイン「Broken Link Checker」を導入しましょう。

この記事ではBroken Link Checkerの設定方法や使い方を解説していきます。

プラグインはテーマや他のプラグイン・WordPressのバージョン次第では、正常に動作しないことがあります。安全なプラグインのみを紹介しておりますが、導入される際は自己責任でお願いします。

目次

Broken Link Checkerを導入するメリット

Broken Link Checkerはサイト内の内部リンクや外部リンクをチェックして、リンク先のURLが見つからない状態「リンク切れ」を見つけて教えてくれるプラグインです。

リンク切れはユーザー体験の悪化を招くだけでなくSEOにもマイナス効果を与えます

リンク切れによる悪影響

そんなリンク切れをいち早く見つけられるBroken Link Checkerは、ブログ運営における必須プラグインの一つともいえるでしょう

他にもリンクを貼る際には、リンク属性など注意する点が色々あります。間違ったリンクの使い方はマイナス評価にもなりますので、リンクは適切な使い方をしましょう。詳しくは「SEOに効果のある外部リンクの貼り方」で紹介しています。

Broken Link Checkerの設定方法

それでは早速プラグインを導入していきましょう。日本語に対応しているので、設定はそれほど難しくありませんよ。

なお、プラグインのダウンロード数は70万以上と、多くの人から支持されています。最新のWordPressにも対応できるよう頻繁なアップデートもされているので、安心して使ってください。

インストールと有効化

プラグインの新規追加画面を開いたら、”Broken Link Checker”で検索し、インストールと有効化をします。

Boken Link Checkerのインストール
青い鎖マークが目印です

有効化したら初期設定をしていきましょう。
プラグインの設定はサイドバーの「設定」→「リンクチェッカー」にあります。

Broken Link Checkerの設定ボタン

一般設定

まずは「一般設定」のタブから確認していきます。

Broken Link Checkerの一般設定

基本的にはデフォルトのままで使用できますが、下記の項目だけ変更しておくことをオススメします。設定が終わったら忘れず変更を保存をクリックしましょう。

設定する項目

・各リンクをチェック
リンクを定期チェックするスパン(期間)です。たまにしか更新しないブログなら168時間(1週間)ごと、毎日更新しているサイトなら72時間(3日に一度)といった風に調整してください。さすがに72時間より頻度を多くする必要はないと思います。

・リンクの調整
リンク切れしているアンカーテキストに、取り消し線(delタグ)とnofollowを付けてくれます。SEO評価を堕とさないためにも全てチェックを入れましょう。修正するまでの間、訪問者とクローラーに対して「リンク切れしているから辿らないで」というアピールになります。

リンク切れしているテキスト
こんな感じです

・提案
リンクを削除するか修正するだけなので、提案を受ける必要はありません。チェックは外しておきましょう。

含まれるリンクを探す

チェック対象のページをここで設定します。
設定したら保存ボタンも忘れずクリックしましょう。

Broken Link Checkerの対象ページ設定

・含まれるリンクを探す
チェック対象のページを設定できます。投稿と固定ページには必ずチェックを入れましょう。この項目は使用しているテーマによって異なります。リンクを使うブログパーツがあるならチェックしましょう。

・投稿のステータス
チェック対象となるステータスを設定できます。「公開済み」にチェックします。また、予約投稿を使うなら「予約済み」にもチェックすることをオススメします。公開前にリンク切れを修正できればベストですからね。

チェックするリンクの種類

チェック対象となるリンクの種類を設定できます。

Broken Link Checkerの対象とするリンクの種類

リンクの種類
最低でも「HTMLリンク」と「HTML画像」はチェックします。YouTube動画を埋め込むことがある人は「植え込まれたYouTubeの動画」にもチェックを入れましょう。

他に普段使う埋め込みコンテンツの名前があるか確認しておいてください。(マイナーなものばかりなので、ないとは思いますが…)

除外リスト
チェック対象から除外したいリンクがあれば入力します。普通にブログ運営していれば、まず使うことはありません。

プロトコル&API

ここではリンクをチェックする方法の設定ができます。
・プロトコル:通信における送受信の規格
・API:別サービスとの接続手段

Broken Link Checkerのチェック方法の設定

基本的には「基本的なHTTP」と「YouTube API」にチェックが入っていれば大丈夫です。

MediaFireというファイル共有サービスを利用しているなら、「MediaFire API」にもチェックしましょう。(知らないなら無視で大丈夫です)

RapidShareはサービス終了しているのでチェック不要です。

高度な設定

高度な設定では主にプラグインの挙動を制限することができます。画像の赤枠の部分にだけチェックを入れておけば大丈夫です。

Broken Link Checkerの高度な設定

一番下の「すべてのページを再確認」をクリックすれば、今すぐリンクチェックを行うことができます。

変更する項目

変更しておく項目は以下の3つです。
※「最大実行時間」や「サーバー負荷の制限」は、使用しているサーバーによってデフォルトの数値が異なります。変更しても軽くなる訳ではないため、変更の必要はありません。

・タイムアウト
ここに入力した時間を超えてもリンク先が読み込まれなければエラーとなります。たまに表示が遅いサイトがエラーになってしまうため、デフォルトの30秒より少し長めに設定しておくのをオススメします。私は60秒で設定しました。

・リンクモニター
「バックグラウンドで1時間ごとに実行する」のチェックを外しておきましょう。これはエラーが出たリンクを常に監視する設定なのですが、サイトが重くなる原因にもなります。

・ログの保存
ログは必要ないためチェックを外します。

Broken Link Checkerの使い方

Broken Link Checkerの初期設定さえしてしまえば、リンクのチェックは自動で行ってくれます。そのため、ここでは「リンク切れを修正する方法」を紹介します。

リンクエラーを確認する

リンクエラーはサイドバーの「ツール」→「リンクエラー」から確認できます。

リンクエラーのボタン

リンクエラーのページに入ると、リンク切れが一覧で表示されていますね。

Broken Link Checkerのリンクエラー一覧ページ

左から順にURL、ステータス、リンクテキスト(アンカーテキスト)、リンクのあるページの4つが表示されています。一目でどのリンクか分かるのが嬉しいですね。

ちなみに、設定でダッシュボードに表示するよう設定していれば、ダッシュボードでリンクエラーがあるかどうかは確認できます。

リンクエラーを修正する

修正したいURLにカーソルを合わせ「URLを編集」をクリックします。

URLを編集をクリック

画面が切り替われば、そのままアンカーテキストとURLを編集できます。(編集後は忘れず更新をクリック)

URLとアンカーテキストを編集する

更新した内容は記事にも反映されています。

ちなみに、このタイミングで記事の更新日も更新されます。更新日を変えたくない場合はプラグインの「一般設定」から「投稿の更新日」のチェックを外してください。

まとめ

以上、WordPressプラグイン「Broken Link Checker」の設定方法と使い方を紹介しました。

このプラグインさえあればリンク切れの心配がなくなり、ブログのメンテナンスもかなり楽になります。もし、使っていないという人はぜひこの機会に導入してください。これはブロガーに必須のプラグインです!

目次
目次
閉じる