Search Consoleで「クロール済み-インデックス未登録」と表示される原因と解決法

この記事で分かること
  • 「クロール済み-インデックス未登録」について
    • 本当の原因を確認する方法
    • 低品質コンテンツを改善する具体案
    • 無視しても大丈夫なパターン

ブロガーなら誰もが一度はお世話になる「クロール済み-インデックス未登録」。

これを見つけると「お前のページは低品質だ」と言われているようで、少し(かなり)ショックを受けますよね。しかし、どこを改善すればいいの? 本当に低品質だから? といったモヤモヤがあると思います。

そこで今回は、「クロール済み-インデックス未登録」の原因の探り方と具体的な解決策を紹介していきます。

目次

「クロール済み-インデックス未登録」とは

「クロール済みインデックス未登録」とは、Search Consoleにおいて、URL検査やカバレッジレポートで確認できる除外ステータスの一種です。Googleの公式ヘルプでは以下のように説明されています。

クロール済み – インデックス未登録: ページは Google によりクロールされましたが、インデックスには登録されていません。今後、インデックスに登録される可能性がありますが、登録されない可能性もあります。この URL のクロールのリクエストを再送信する必要はありません。

引用元:インデックス カバレッジ レポート – Search Consoleヘルプ

つまるところ、「クロールはしているがインデックス登録はしていない」という文字通りの状態です。

主にコンテンツの質が悪いと判断された場合に表示されるステータスですが、ページによっては無視しても良い場合があります。また、一時的に表示されているだけで、実際は問題のない例外パターンもあるので注意してください。(詳細は後述)

ちなみに、”クロールのリクエストを再送信する必要はありません”と書いていますが、改善後はリクエストを再送信するのがオススメです。(間違いなくインデックスまでが早まります)

「検出-インデックス未登録」との違い

「クロール済み-インデックス未登録」と「検出-インデックス未登録」はしばしば混同されがちです。しかし、同じ除外ステータスであっても、この二つはクロールされているかどうかという大きな違いがあります

インデックスまでの流れとカバレッジのステータスの関係性

図を見て分かる通り、「クロール済み-インデックス未登録」はクローラーから不合格の判断を下されているため、何らかの修正を行う必要があります。

一方、「検出-インデックス未登録」はまだクローラーに内容を見てもらっていない状態なので、まだコンテンツ内容の修正は必要ありません。

ステータスクローラーからの評価修正の必要性
クロール済み-インデックス未登録問題ありあり
検出-インデックス未登録まだ不明なし

この二つを混同してしまうと、必要のないリライトに時間を割くことになってしまいます。インデックスされない記事がどちらに該当するのか、確認しておきましょう。

「検出-インデックス未登録」については、サイト側に問題があるものではありません。詳しくは「検出-インデックス未登録が頻出する際の対処法」を参考にしてください。

該当ページの確認方法

「クロール済み-インデックス未登録」に該当するページは、サーチコンソールを使った2通りの方法で確認できます。それぞれ一長一短なので、状況に合わせて使い分けましょう。

・カバレッジから該当ページをまとめて確認する
・URL検査ツールでリアルタイムな情報を確認する

他に”site:URL”でGoogle検索するという方法もありますが、正確性に欠けるため今回はオススメしません。

カバレッジから確認する

サーチコンソールのカバレッジレポートを使えば、該当するページを一覧で確認することができます。
(カバレッジ > 除外 > クロール済み-インデックス未登録)

カバレッジの「クロール済み-インデックス未登録」

注意点として、カバレッジに表示される情報は少し古い可能性があります。「クロール済み-インデックス未登録」だと思ってURL検査してみたら、インデックスされていたということも少なくありません。

あくまで該当ページの一覧ざっと確認するために使用しましょう。

URL検査ツール

URL検査ツールを使えば、ページの情報を詳しく確認することができます。

使い方は、サーチコンソール上部の枠に検査したいURLを入力するだけ。カバレッジと違い1ページずつしか確認できませんが、リアルタイムで正確な情報を知ることができます。

URL検査で表示された「クロール済み-インデックス未登録」

ここで公開 URL をテストを実行してエラーが出た場合は、メタタグやrobots.txtなどに問題があります。その場合には全く違う対応が必要になるので、こちらを参考にして対処してください。

「クロール済み-インデックス未登録」の原因

「クロール済みインデックス未登録」の原因は、大きく分けて以下の3つがあります。

  1. 低品質コンテンツ
  2. クロールからインデックス登録までのラグ
  3. 原因不明のバグ

1,低品質コンテンツ

最も主な原因となるのが「低品質コンテンツ」です。

“品質”という言葉はあまりに漠然としたものですが、SEOにおける低品質なページとは、「独自性がなく、ユーザーにとって価値のないページ」のことです。また、Googleの品質ガイドラインによれば、以下の要素を持ったページは注意が必要とされています。

・コンテンツの自動生成
・内容の薄いアフィリエイト ページ
・無断複製されたコンテンツ
・誘導ページ

これらをまとめると、「独自性」と「内容の濃さ」が品質の判断基準になります。

独自性がない

独自性・オリジナル要素がないコンテンツは、低品質コンテンツと判断される可能性があります。要は「パクリはいけない」ということです。

Googleは具体例として、以下のようなコンテンツを挙げています。

・RSSフィードなどを利用して他サイトから複製したコンテンツ
・botにより作られたキーワードを詰め込んだだけの文章(ワードサラダ)
・他のサイトの内容をつなぎ合わせただけのコンテンツ
・商品説明などを販売元から複製しただけのアフィリエイトページ

上記は低品質どころかほぼスパム行為です。まっとうにブログ記事を書いれていれば、これらに該当することはないでしょう。

アダルトの方ではよく見かけますね

内容が薄い

メインコンテンツの内容が薄いと、以下の理由から低品質だと判断される可能性があります。

・ユーザーの疑問に答えられない

SEOにおいては、ユーザーの疑問を解消できるものこそ高品質なコンテンツです。当然、疑問に答えられるだけの情報量がなければ、そのページは低品質だと判断されます。

リンク集のようなページも低品質だと判断される可能性があるため、カテゴリーページやタグページは内容を充実させるか、noindexにしましょう。

・重複コンテンツとみなされる

ブログというのはメインコンテンツの他に、ヘッダーやフッター・関連記事・サイドバーの広告などを多く含みます。そして、それらは往々にして色んなページで共有されています。

たとえば、メインコンテンツ500文字・他のブログパーツが500文字あった場合、1000文字中の500文字がサイト内の他ページと重複しています。割合にしては、50%が重複コンテンツということになってしまいます。

文字数と重複の関係性

つまり、メインコンテンツの量が少なければ、それだけ重複する割合も増えるということです。(しかも自サイトのページ同士で)

2,クロールからインデックス登録までのラグ

ページやクローラーの状況によって左右されますが、クロールからインデックス登録されるまでには多少の時間差があります

そのため、クロール直後は一旦「クロール済み-インデックス未登録」と表示されてしまうことがあります。しかし、この場合は数時間ほど放置すればインデックスされます。

「クロール済み-インデックス未登録」という文字を見ると焦ってしまうかもしれませんが、一度前回のクロール時間をよく見てください。クロール直後ならインデックス登録中の可能性もあるため、半日ほど様子を見ましょう

3,サーチコンソールの不具合

原因不明のバグによって、一時的にインデックスを外され「クロール済み-インデックス未登録」に変わるケースもあります。

たとえば、2021年夏ごろからカバレッジで「クロール済み-インデックス未登録」と表示されるのに、URL検査ではインデックスされている、といった不具合も確認されています。

以前からインデックスされておりアクセスも十分にある、そんなページが急に「クロール済み-インデックス未登録」に変わった場合は、サーチコンソールのバグを疑ってください。

サーチコンソールの不具合に関しては、サイト運営者ができることはほぼありません。不具合によって発生することもあると頭に置いておき、焦らず見極めることが大事です

参考:URL検査ツールでインデックスされているURLがカバレッジレポートで[クロール済み – インデックス未登録]になるのは更新が遅いから-海外SEO情報ブログ

「クロール済み-インデックス未登録」の解決法

ここからは「クロール済み-インデックス未登録」が出てしまった時の解決方法をご紹介します。

リライトして質を高める

記事を低品質だと判断された場合は、リライト(編集作業)が一番効果を発揮します。
「リライトとは言っても何をしたらいいか分からない」という方は、以下のことに着目して記事を見直してください。

目標キーワードと内容が一致しているか

目標キーワードとコンテンツ内容が一致しているかを確認してみましょう。
特に、見出しとキーワードに関係性があるか見直してください。見出しが決まればおのずと本文も定まってきます。

十分な情報量があるか

まずは自分にしか書けないオリジナル要素をしっかりと追加します。その後、一度関連キーワードを洗ってみてください。関連キーワードは「ラッコキーワード」などのツールで簡単に調べられます。

あくまで文字数ではなく情報量が大切です。

とはいえ、目で見えて分かる基準は欲しいですよね。あえて最低ラインを設けるとすれば、1500~3000文字です。文字数を水増しせずに1500文字を超えたなら、インデックス登録の最低ラインは超えていると思っていいでしょう。

ページ内にコンテンツを追加する

アーカイブページ(カテゴリーページ・タグページ)は、記事を並べただけのリンク集になりがちです。そのため、「クロール済み-インデックス未登録」になることも珍しくありません。

noindexを付与するのも解決策のひとつですが、コンテンツを追加して有効活用するのをオススメします。アーカイブページはまとめ記事化することで、価値あるコンテンツへと早変わりするからです

たとえば「カラオケ」のカテゴリーページなら、「高温を出すためのボイストレーニング」といった題目で順番に記事を並べ、各記事の内容を簡単に説明します。するとあら不思議、ちょっとしたまとめ記事の完成です。

ブログのアーカイブページは、内部リンクが集中しやすい構造になっています。そのため、内容を作りこめば自然とSEOで上がりやすいページに化けますよ

カテゴリーページをnoindexにするのはもったいない

外部・内部からの被リンクを増やす

Googleは良いコンテンツは参照される・被リンクが付くものだ、という考えを持っています。つまり、「被リンクのあるページ=良質なページ」というわけです。(少し極端ですが)

一本の強力な被リンクが付くだけで、ぺらっぺらの記事(タイトルタグと埋め込み動画だけ)がインデックスされる。そんなことも珍しいことではなく、リーチサイト等はそれで成り立っているところがあります。
※リーチサイト:他サイトのコンテンツを埋め込むだけのR18サイト

コンテンツSEOの時代になっても被リンクの効果は絶大なのです。

そして、効果があるのは外部からのリンクだけではありません。内部リンクであっても十分なSEO効果は見込めます。また、適切な内部リンクはクロール促進にも繋がります。

外部から被リンクを貰うのが難しいなら、まずは内部リンクを張り巡らせるようにしましょう。

インデックスされなくても良いページ

「クロール済み-インデックス未登録」にはマイナスな印象があるとは思いますが、このステータスが出ても無視して構わないページもあります。

フィード(feed)

フィード(feed)とはRSSフィードのことで、ページの更新情報がズラッと記載されたページです。

フィード(feed)ページの例
中身はこんな感じです

検索結果に載るような内容ではないため、「クロール済み-インデックス未登録」になるのも当然ですね。

このフィードはWordPressなら標準装備されているものなので、仮にこれが低品質ならWordPressサイトは軒並み検索結果から消えてしまいます。そのため、フィードは「クロール済み-インデックス未登録」になっても無視して大丈夫です

どうしても気になる場合は、RSS自体を停止させるかフィードをnoindexに設定しましょう。

RSSの停止方法はこちらが参考になります。
「RSSフィードの配信を停止してリンクも除去する方法」

対処法・解決策まとめ

最後に、「クロール済み-インデックス未登録」に遭遇した時の対処法・解決策をまとめます。

  • 現在の状況と原因を確かにする
    • URL検査してリアルタイムなステータスを確認
      (既にインデックス済みの可能性)
    • 前回のクロールから1日は経っているか確認
      (インデックス登録中の可能性)
    • feedは無視するかnoindex
  • 低品質コンテンツのリライト
    • タイトルタグと内容が一致しているか
    • 自分らしい「独自性」はあるか
    • ユーザーに答えを示せるだけの「情報量」があるか
      (メインコンテンツが少ないと重複の可能性も)
    • カテゴリー・タグページはまとめ記事化する
  • 被リンクを増やす
    • 関連性のあるコンテンツ同士で内部リンクをつなぐ
    • 余裕があれば被リンクも獲得しにいく

「クロール済み-インデックス未登録」はエラーではないため、対処は急を要するものではありませんが、インデックスされなければSEOの土台にも上がれません。早くインデックスされるように適切な対応をしましょう。

目次
目次
閉じる