【目的別】ブログ運営に必須のおすすめプラグインを紹介

WordPressのプラグインって便利ですよね。
普通ならjavascriptなどを勉強して苦労して実装する機能が、インストールだけで簡単に使えちゃうんですから。

しかし、プラグインを入れ過ぎると、ページ表示速度の悪化やセキュリティの弱体化を招くことにも。そのため、当サイトでも普段から「最小限で!」と口を酸っぱくして言っております。

そこで今回は、大のプラグイン好きの私がブログ運営に必須のプラグインを9つに厳選しました。「これさえあれば大丈夫」というラインナップになっているので、ぜひ自分のWordPressと比較してみてください。

目次

プラグインを多く入れるデメリット

プラグインを多く入れるデメリット

プラグインって便利で楽しいのでついつい多く入れがち。
しかし、プラグインが多いと様々な問題が発生するリスクがあります。

・ページの表示速度が落ちる
・セキュリティ上のリスクが増える
・競合する確率が上がる
・管理ができなくなる

ページの表示速度が落ちる

プラグインを増やすと読み込むファイルが増えるため、ページの表示速度が落ちます。ものによっては一つ導入するだけで、Page Speed Insightsのスコアが10以上落ちます…

これは裏を返せば、「プラグインが少なければそこそこの早さを保てる」ということ。サーバーの性能などにも依存しますが、プラグインを最小限に抑えることでスコアを90以上に保つことも可能です。

プラグインを削減後のPage Speed Insightsのスコア
当ブログの投稿ページのスコア(TOPページは80弱)

セキュリティ上のリスクが増える

ハッカー(クラッカー)は様々なスクリプトやアプリケーションなどを入口にして、サイトへ侵入しようと試みます。

プラグインを増やすということはその入り口を増やすことと同じです。特に、更新されなくなったプラグインはセキュリティ面が弱くなっていることもあり、ハッカーにとっては格好の的となってしまいます。

競合する確率が上がる

プラグインをむやみに増やすと、競合する(機能が被ってしまう)リスクが増えます

競合すると勝手に変な動作をしたり、最悪の場合WordPressが動かなくなることもあります。

対策としては、各プラグインの機能をしっかりと把握して、被りそうな機能のプラグインを入れないことです。

管理できなくなる

プラグインの数が増えてくると、どうしても管理がおごそかになってしまいます。

例えば、WordPressのアップデートなどでプラグインがバグを引き起こすことがあります。そんな時にプラグインが多すぎると、どのプラグインが原因か突き止めることが困難になるのです

ブログ運営に最低限必要な機能

プラグインの入れ過ぎはよくないということが分かったところで、ブログを運営する上で最低限必要な機能を確認しましょう。これによって必要なプラグインも絞られてきます。

また、各機能につきおすすめのプラグインをひとつ紹介します。詳細は次項で説明するので、ざっと読み流してください。

※プラグイン名をクリックすると説明箇所へ移動します
機能内容プラグイン
バックアップ万が一に備えブログのバックアップを取るBackWPup
セキュリティ不正ログイン防止とスパム対策XO Security
SEOタイトルタグやメタディスクリプション、noindexの付与などSEO SIMPLE PACK
サイトマップGooglebot用のサイトマップを作成XML Sitemaps
リダイレクトURL変更やサイト移転時に使用Redirection
リンク確認SEOでマイナスになるリンク切れを定期チェックBroken Link Checker
データベース最適化たまった不要なデータを定期的に削除WP Optimize
キャッシュページ表示速度を上げるWP Optimize
お問い合わせお問い合わせフォームを設置するContact Form by WPForms
目次投稿ページの目次を作成するEasy Table of Contents

・できることはプラグインなしで行う
・テーマの機能をフル活用して不足分をプラグインで補う

この二点に注意して、自分のブログにない機能のものがあればすぐ導入しましょう。どれもブログを運営するにあたって無くてはならないものばかりになっています。

目的別のおすすめプラグイン

ブログ運営に必須のおすすめプラグイン

それでは各プラグインの説明に移ります。
今回紹介するプラグインは、以下の項目から判断して選んでいます。

プラグインの選定基準
  • シンプルで誰でも使いやすい
  • サイトを重くしない
  • 一定のダウンロード数がある
  • 開発者が信頼できる
  • 定期的にアップデートされている

特に「使いやすさ」には気をつけて選んでいます。導入が面倒なプラグインは当ブログで解説しているので、各プラグインの記事をご覧ください。

BackWPup

ブログの「バックアップ」をしてくれるプラグイン。
初期設定を済ませれば、放置してもバックアップを取ってくれるので非常に便利です。

ブログは”資産”ともいえる大事なもの。サーバーの自動バックアップだけに頼らず、このプラグインで定期的なバックアップを取りましょう。

XO Security

WordPressのセキュリティを強化するプラグインです。

ログイン失敗時にロックをかけたり、ログインURLを変更してブログの乗っ取りを防ぎます。他にも、スパムコメントをブロックしたりブルートフォース攻撃を防いだりと、安全なブログ運営に必須のプラグインとも言えます。

ユーザー名の漏洩などは自力で行うことも可能ですが、phpなどを弄るのはリスクがあります。オールインワンなプラグインで、手っ取り早くセキュリティを強化しましょう!

SEO SIMPLE PACK

SEO対策に必要な設定ができるプラグイン。
主な機能はタイトルタグ・メタディスクリプションの設定や、各種ページへのnoindex付与などです。

この手のプラグインといえば”All in One SEO”の名前が真っ先に上がりますが、SEO SIMPLE PACKの方が使いやすいためオススメです(機能面ではほぼ差がありません)。

XML Sitemaps(旧:Google XML Sitemaps)

言わずと知れたサイトマップ自動生成プラグイン。
SEOをやるならサイトマップは必須なので、必ず入れるようにしてください。

なお、このプラグインが作成する”sitemap.xml”は、サイトにどんなページがあるかを検索エンジンに伝えるものです。人が見るためのサイトマップ(HTMLサイトマップ)とは違うので注意してください。

Redirection

リダイレクトを設定できるプラグイン。
プラグイン画面でリダイレクト先と元のURLを入力するだけで、簡単にリダイレクトができてしまいます。

記事を他のブログへ移したり、URLを変更したり、ブログを運営しているとなにかとリダイレクト処理が必要な時があります。その時が来たらで構わないので導入するようにしましょう。

リンク切れを教えてくれるプラグイン。
定期的に自動でサイトを巡回して、リンク切れがないかを確認してくれます。
※リンク切れ:リンク先にアクセスできない現象

リンク切れはSEOにおいてマイナスでしかありません。しかし、手動でチェックするのは到底不可能なので、このプラグインでリンク切れをチェックしてもらいましょう。

WP Optimize

サイトを高速化する最強プラグイン。
自動で「データベース最適化」を行ってくれる他、強力な「キャッシュ機能」も持っています。

不要なデータを削除するプラグインとして有名ですが、実はかなり多機能。ページの表示速度を改善する機能がほぼ全て揃っているため、高速化はこのプラグインひとつで事足ります

ただし、初期設定が少し難しいので、導入する際はこちらを参考にしてください。

データベース最適化だけなら「Optimize Database after Deleting Revisions」

キャッシュ機能が付いている有料テーマの場合は、WP Optimizeの多機能さが無駄となります。

その場合は、データベース最適化に特化した「Optimize Database after Deleting Revisions」を利用しましょう。
※当ブログの使用テーマSWELLにはキャッシュ機能が標準装備されているため、こちらを使用しています。

Contact Form by WPForms

お問い合わせフォームを設置するプラグイン。
多機能でありながらドラッグ&ドロップの直感的操作で、簡単にお問い合わせフォームを作ることができます。

有名プラグイン「Contact Form 7」と機能面では同じですが、WPFormsの方が断然使いやすいのでオススメです。

Easy Table of Contents

目次生成プラグイン。
簡単にシンプルな目次が設置できます。

追従サイドバーに目次を設置すると、今どの項目を読んでいるか色付けして教えてくれる機能があり、かなり便利です。この機能が欲しいという方は、Easy Table of Contentsを使いましょう。(その他の機能は他のプラグインと一緒です)

実は不要なプラグイン

有名で入れられがちだけど、実は不要なプラグインを紹介していきます。
あまり役に立っていない可能性もあるので、できればこれらのプラグインを削除することをオススメします。

Akismet Anti-Spam

WordPressに最初から入っているスパム対策プラグインです。

機能としては「スパムコメントを削除する」というものなので、コメント欄を採用していないブログならまず不要です。

また、このプラグインは商用利用不可です。アドセンスやアフィリエイトをしている場合は規約違反になってしまいます。

WP Multibyte Patch

こちらも標準装備されているプラグインです。
WordPressを日本語対応させる機能があります。

・サイト内検索の全角スペースを半角スペースに変換
・抜粋の機能を日本語でも正常に動作させる
・日本語のファイル名を無害な英数字に変換する

WordPressも日々進化しているため、現在のバージョン5.8では検索の補正以外の機能は不要です。「削除しておいて必要になったらインストールする」ぐらいでいいと思います。

EWWW Image Optimizer

画像を圧縮してくれるプラグインです。

表示速度を気にするなら、アップロードする前に画像は圧縮しましょう。Squooshなどの変換ツールを使って画像をWebP(ウェッピー)に変換しておけば、このプラグインは必要ありません。

どうしても画像の圧縮をプラグインでやってほしいという場合は、WP Optimizeの画像圧縮を利用しましょう。そうすれば、キャッシュ・データベース最適化・画像圧縮を1つのプラグインでまかなえます。

PS Auto Sitemap

HTMLサイトマップを作成してくれるプラグイン。サイトマップページを作成する際に利用します。
※HTMLサイトマップはユーザー(人間)向けのもので、bot向けのxmlサイトマップとは別です

しかし、一般ユーザーがサイトマップページを見ることはありません。見るとすればサイトを解析したいライバルぐらいのものです。

ホームページならともかくブログにおいては不要なページなので、プラグインもろともサイトマップページ自体を削除しましょう。所詮はただのリンク集なので、低品質コンテンツとして扱われる可能性すらあります。

まとめ:デザイン系プラグインは別

「プラグインを最小限に!」と口を酸っぱくして言っていますが、デザインを変更するプラグインは別です。

日本語対応したWordPressテーマは少ないため、テーマ機能だけだとデザインが被ることがあります。そのため、デザインを差別化するためにプラグインを導入するのはアリだと思います。

つまり、「本当に欲しいプラグインを導入するためにも余裕をもって少なめにしておこう」ということですね。

当ブログでは以下のようなデザイン系のプラグインも紹介しているので、よろしければご覧ください。

目次
目次
閉じる