ゴミを除去してブログを軽くする「Optimize Database after Deleting Revisions」の設定・使用法

ブログに”ゴミ”たまってませんか?

WordPressには記事の状態を保存する「リビジョン」という機能があります。上手く使えば記事を以前の状態に戻せる便利な機能です。

しかし、リビジョンは定期的に削除しないと下書き保存の度に増え続け、データベースを重くしてしまいます。データベースが重くなるとサイトの表示速度も落ち、SEOにも悪影響を及ぼしてしまいます。

そこで今回は、リビジョンを削除しつつデータベースの最適化までしてくれるプラグイン「Optimize Database after Deleting Revisions」の設定や使い方を紹介します。

プラグインはテーマや他のプラグイン・WordPressのバージョン次第では、正常に動作しないことがあります。安全なプラグインのみを紹介しておりますが、導入される際は自己責任でお願いします。

目次

データベース最適化プラグインを導入するメリット

不要なデータの削除

「Optimize Database after Deleting Revisions」のようなデータベース最適化プラグインを導入することで、以下のようなメリットがあります。

・サイトが重くなるのを防ぐ
・すでにサイトが重い場合は改善
・WordPressの動作が軽くなる

なによりも軽いサイトを維持できるというのが一番のメリットです。リビジョン・コメント・古くなったキャッシュ・前に浸かっていたプラグインが残した不要なデータなどを削除してくれます。WordPress自体が軽くなれば、サイト管理や編集作業も早くなりますよ。

また、データベース最適化プラグインを導入すれば、以下のようなプラグインは不要になります。

  • Revisions Control:リビジョンの上限を設定する
  • Better Delete Revision:古いリビジョンを削除する

WP Optimizeとの違い

データベース最適化プラグインといえば「WP-Optimize」が最も有名です。データベースの最適化という点では「Optimize Database after Deleting Revisions」と同じですが、以下のような点で違いがあるので注意してください。

・WP-Optimizeはキャッシュ機能などもある多機能プラグイン
・WP-Optimizeはストレージエンジン「InnoDB」に非対応
参考:WP-OptimizeではInnoDBを最適化できない

ストレージエンジンに関しては無視するとしても、WP-Optimizeは多機能すぎます。無料テーマならまだしも、キャッシュ機能が付いているような有料テーマだと持て余してしまいます。

その点、 Optimize Database after Deleting Revisionsはデータベースを最適化するだけのシンプルなプラグイン。競合などのリスクも少なく済みます。

キャッシュ機能なども使いたい人はWP-Optimize、データベースの最適化だけが目的ならOptimize Database after Deleting Revisonsといった感じで使い分けるのがベストですね。

WP-Optimizeの導入に関しても解説しているので、興味のある方はこちらをご覧ください。

Optimize Database after Deleting Revisionsの設定方法

それではプラグインのインストールから設定までを解説していきます。

インストール・有効化

プラグインの「新規追加」から「 Optimize Database after Deleting Revisions 」で検索します。見つかったらインストールして有効化しましょう。

Optimize Database after Deleting Revisionsのインストール
ほうきとゴミの写真が目印

最適化の設定をする

それではプラグインの設定をしていきましょう。特にこだわりがない・全然分からないという人は、画像の通り設定してください。

まずは、サイドバーの設定タブにある「データベース最適化」をクリックします。

Optimize Database after Deleting Revisionsの設定

ページが開いたら、順番に項目を設定していきましょう。

リビジョンの削除

まずは削除するリビジョンを設定していきます。

Optimize Database after Deleting Revisionsのリビジョンの設定

上側の項目は使用しているテーマやプラグインによって異なりますが、全てチェックすればOKです。

下の二つの項目はリビジョンの保存上限を設定するものです。

・Delete revisions older than
リビジョンの保存日数。設定した日付を超えると削除されます。

・Maximum number of – most recent-revisions to keep per post/page
リビジョンの保存数の上限。設定した数だけ残して削除します。リビジョンを全く使わない人は0でもいいですが、私は念のため3つだけ残しています。

その他の項目

Optimize Database after Deleting Revisionsのその他の設定

リビジョン以外を最適化する際に設定する項目です。初期状態では何もチェックが入っていませんが、お好みで設定してください。

・ゴミ箱を空にする
ゴミ箱に入っている記事などを削除します。

・スパムの項目を削除
Akismetなどでスパム判定されたデータを削除します。

・使用されていないタグを削除
使われていないタグを削除します。

・Delete transients
データベースに保存されたトランジェント(キャッシュ)を削除します。期限切れのものはゴミでしかないので、”DELETE EXPIRED TRANSIENTS(期限切れのトランジェント)”に入れておくと良いでしょう。

・Delete pingbacks and trackbacks
ピンバックとトラックバックを削除します。今時使っている人もいないのでチェック。

・Clear oEmbed cache
SNSやYouTubeなどの埋め込みデータのキャッシュを削除します。とりあえずチェックでよし。

・Clear orphans
孤立(他のページからリンクのない)記事のメタデータを削除します。チェックで問題ないようですが、私はピンと来なかったのでチェックしていません。

・Optimize InnoDB tables too
InnoDBテーブルを最適化。使用している人はチェック。分からなければチェックしなくてよし。

・ログを保存
最適化の際の記録を保存します。

自動化のための設定

Optimize Database after Deleting Revisionsの自動化のための設定

下側にはスケジュール設定の項目があります。自動でデータベースを最適化してくれるので、ぜひ設定しておきましょう。

・定期的に実行
自動最適化のスケジュールです。「1時間ごと」から「一カ月ごと」まで間隔を指定できるので、自分のサイト更新頻度に合わせて調整しましょう。(個人的には1週間ごとぐらいが丁度いいと思います。)

・時刻
最適化を行う時刻を設定できます。それほど負荷のかかる作業ではありませんが、深夜から早朝ぐらいの時間帯が無難です。

・管理バーに「1クリック」リンクを表示
・管理メニューにアイコンを表示

手動でやりたい方はチェックを入れていいかもしれません。自動派の人には邪魔なのでチェックの必要なし。

設定が全て終わったら、設定を保存をクリックしましょう。

除外する項目(上級者向け)

Optimize Database after Deleting Revisionsの除外項目

一番下の「EXCLUDE DATABASE TABLES FROM OPTIMIZATION」では、最適化から除外する項目を設定できます。基本的に触る必要はありません。

Optimize Database after Deleting Revisionsの使い方

自動でデータベースを最適化してほしいなら、スケジュールの設定さえしておけばOKです。あとは事前に決めておいた間隔で最適化が行われます。

手動で最適化をするなら、設定画面の一番下「最適化ページに戻る」をクリックします。

「最適化ページへ戻る」ボタンをクリック

移動先のページでは以下のことができます。

  • Analyze(summary):不要なデータを分析してくれます。
  • Analyze(detail):同じ分析ですが、詳細な結果を見ることができます。
  • Optimize(summary):設定した項目に沿ってデータベースを最適化します。
  • Optimize(detail):同じ最適化ですが、詳細な結果を見ることができます。

分析する(Analyze)

不要なデータの分析をするなら、ページ下部のAnalyze(summary)をクリックします。

Optimize Database after Deleting Revisionsの分析

「Analysis Done!」と表示されれば分析完了です。Analyze(detail)で実行した場合は、もっと詳しい分析結果が表示されます。

分析結果

最適化する(Optimize)

分析と同じく、最適化を行う場合はOptimize(summary)をクリックします。

「完了!」と表示されれば最適化完了です。

最適化の結果

結果が面も分析と同じで、Optimize(detail)で実行することで詳細な結果を見ることができます。(実行内容自体は同じです)

まとめ

リビジョンに上限を設けるだけならwp-config.phpを弄ればいいだけですが、定期的なデータベースの最適化をするならプラグインが必須。

中でも「Optimize Database after Deleting Revisions」が一番優秀だと思います。シンプルで簡単、まさに「必要十分」なプラグインです。

この便利なルンバを使ってゴミのない綺麗なサイトを維持しましょう。

目次
目次
閉じる